ebay輸出のブログ / File exchangeの使い方 / 海外ブログ / 海外ネットショップ作り

ebayテンプレートがモバイルフレンドリー対応しているか確認する方法

   

i-ways

ebayで2017年6月より施行されるアクティブコンテンツの禁止。理由は、アクティブコンテンツがモバイルで購入する人への妨げになるからとされています。

詳しくは、ebayがAMPを導入したからアクティブコンテンツが禁止になったと記事で考察含め理由を書きました。

ちなみにAMPとは、モバイル端末からアクセスされた際に、ウェブ画面の表示スピードをめっちゃ早くするためのgoogleとTwitterが行っている施策。始まったばかりの話。

そしてebayは、現在どこよりも早くこのAMPにGoogle協力のもと乗っかってて、モバイル ユーザーに向けた力の入れ具合が凄い! 社運かかってる感がビシビシ伝わってくる。さらにebayの取り組みは、今後のECサイト全体にかかわってくる話なのでebayの内外でも多く記事が連日アップされています。

スポンサーリンク

各EコマースサイトもAMP化の波に対応してくことで、決済スピードが上がり、最終的にはGoogleが価格ドットコムのようになってしまう勢いが増してる。

最大手ECプラットホームもそろそろAMPスタートする

online-slate-970x250

例えばAMP対応をもうすぐスタートできると発表している数少ない海外ネットショップに、ECサイトプラットホーム最大手であるShopifyがあります。

Shopifyがスタートする対応がどのような事かというと、

モバイルのGoogle検索で何か商品を探すと、Shopifyの商品ページなどがカルーセル(横画面スクロール)で検索結果に表示され、顧客はそこから2回のクイックタップでチェックアウトページに進めるようになる、と言われている。

しかもAMPなので単純な表示スピードがものすごく速いのです。パッ、パッ!購入ポチー!みたいな。コレは本当に近い将来Amazonを脅かす。

 

という事でebayを先頭に、大手ECサイトはAMPへの取り組みでどこよりも早くモバイルフレンドリーなEコマースへ舵取りしてます。

いまAmazonにお客さん取られてるECサイトからするとチャンスで、先手必勝に乗っかろうとしてるのがebayやShopify。

自分たちができること

i-ways2

AMP,AMP言ってますが、じゃあ自分たちはどうしたらいいのか。それがアクティブコンテンツを商品ページやストアページから除外するって来年からのルールです。

ebayのディスクリプションページにIn mid-2017 eBay will begin to turn off active content と表示されているコレのこと。descriptionbottom_active

Previewを押下することで、簡単な内容を確認できますね。今回はさらにその先

ebayが紹介してるもっと良いサイト

そして、紹介するのはもっとそれらを分かりやすく具体的に可視化できるサイト。ebayは、あなたの商品ページがモバイルフレンドリーに対応できているかを確認するための第三者サイトも紹介しているのです。

それが以下の i-ways です。

このサイトの使い方などをシェアしたいと思います。

Mobile Friendly test サイトでテンプレート各項目の内容を確認

商品ページがモバイルフレンドリー対応か確認するのは非常に簡単で、確認したいページの商品IDをコピペするだけです。

実際に参考例をもとにやってみます。

この商品で確認してみる

funteこの画像はebayトップセラーのDescription 画面。パソコンで見たままです。オリジナルのテンプレートを使われているようなので選びました。このテンプレートがモバイルフレンドリー対応かを見てみる。

まずは チェックサイトi-ways 開いて

i-ways2

ID入力i-was3

ID入力したら右側のオレンジボタン CHECK NOW ポチー

 

じゃんcheckon

項目は大きく2つに分かれており、その2つそれぞれについてさらに4つずつ細かく理由が表示されます。

  • 項目1:Mobile optimized
  • 項目2:Uses Active Content

このトップセラーの場合、モバイル最適化はOK。ただし、アクティブコンテンツ使ってるから来年からは結局アウトです。

アクティブコンテンツ代表格である、JavaScriptを使用されています。

オリジナルのebayテンプレ使ってる他の方も観てみる

いくつかパターン別で探してみました。

アクティブコンテンツ〇, モバイル× のセラーさん

checkon2

このセラーさんはアクティブコンテンツがないのでOK。しかし、全然モバイルフレンドリーではないです。ebayの考えからすると、モバイル対応できないぐらいならテンプレート使う必要ないよって言ってます。

もっと有名なセラーで見てみます。

PayPal Digital Gifts

checkon3はい、PayPalはアクティブコンテンツでアウト。

ちなみにテンプレートから単純にアクティブコンテンツを削除した場合の表示がこんな感じになります。checkon4これはコレでアウトでしょう。アクティブコンテンツの有り無しは、スマホっぽい画像の下にあるバー「Without active content 」でチェックできます。

世界最大の家電屋さん Best Buy

checkon5

あっ‥(察し

Google store

checkon6

JavaScriptでアウトです。AMPやるぜオラオラー言ってる所がJavaScript使ってます。

このように現時点はほとんどがアウトです。凝ったテンプレであればあるほどアウト。なぜならそれぐらいJavaScript使ってるテンプレートが浸透しているから。だからこのルール変更は結構大きな話で、ebayがわざわざ舵取りした所に決意を感じます。

今すぐにebayのアクティブコンテンツ対策でやること

Speed

とりあえず来年の話だし、ルールもいまいち固まってないのだから、作ろう!としてもたいして動けないわけですよ。ちなみに、今の時点でアクティブコンテンツに完全対応を唄ってるテンプレートは有料ですがありました。もっと増えて来たらまとめて紹介しますね。

 

というわけで、ebayで特に何かすることはないと思います。ただし、このAMPの流れはEコマースを取り組んでいる方々からすると結構な大きな事です。なので今のうちに自身の海外ネットショップをSohpifyで作るとAMPで先行できます。他はまともに対応が進んでないので。

こちらもどうぞ

The following two tabs change content below.
海外行ったことないし英語もできないけど海外オークション ebay をエンジョイしてます。ebay 楽しいので、みんな始めたら良いと思ってる。続いてる理由のすべてがこのブログの中にあるよ。

 - ebay 輸出