ebay輸出のブログ / File exchangeの使い方 / 海外ブログ / 海外ネットショップ作り

中本アキノブ氏ebay輸出バイブルの内容から検索流入につなげる方法を考えた

      2016/06/18

fish

メルマガなどで誰かが「File exchange」のことを情報発信すると、このサイトへ検索が流れてくることがある。他のキーワードでも多少なりその現象が見受けられる。

つまり先にネタをばらまいてSEOで有効な位置にいた場合に、カリスマ情報発信者のおこぼれにあやかって、検索流入を得ることができる。

そこでさっき思いついたのが、情報商材から検索流入を獲得する方法

タイミング良く輸出プレイヤーの中本アキノブ氏がebay初心者-中級者セラー向けの商材を発売したから、アフィリエイトとあわせて個人的なアウトプット目的で書いてみることにした。

中本アキノブ氏「ebay輸出バイブル」

中本アキノブ氏については、最近一部のebay輸出メルマガでよく名前を見る人って認識しかない。たぶん僕と同じぐらい良い人だと思う

言い忘れてたし、気づいてる人は多いと思うけど、僕はすごく良い人である

この教材は、円高のおり低利益回転を促すAmazon輸出でつまづいた人や、
ebayで伸び悩んでる人が対象のように見える。

ebay輸出の行き着く先がただの無在庫販売ではなく、濃いお客さんを手に入れる部分に特化しているところが氏の考え方のポイントだろう

アップセルやクロスセルなどが上手そうなテクニシャンオーラが見て取れる。(※個人のイメージ)

購入する場合は次のリンクから買えます。(2016年7月7日までみたいです)

ebay輸出バイブル

情報商材から検索流入?

冒頭で「メルマガ発信者の方が特定のキーワードを流した時に、検索流入が得られる」ということを書いた。

今回はそれを意図して行うのが目的

情報商材おこぼれ大作戦と題した。

おこぼれ大作戦

どういう事かというと、紹介しているebay輸出バイブルはアフィリエイト商材なので、僕を含めたくさんの人が宣伝を行います。多くの人が目を通すでしょう。

そしてランディングページを見た人は、有用そうな情報に対して、出せる金額との折り合いが付けば購入するでしょう。

そう、おこぼれ大作戦とはその有用そうな情報を横取りして、おこぼれにあずかる作戦だ。商材が良ければ、書いてある情報を知った人はさらにその先を知りたいと思うのではないだろうか。

だいたいの情報商材

だいたいこういうのは商材一つで完結することはない作りになってる。

具体的な事細かなやり方は多く書かれていないだろう。ズバリそれを行うのがすっげーめんどくさいからだ!

ってのが半分の理由で、もう半分は購入者は「濃い人」なのでより近くしていかなければならないから。

相手からのアクションを引き出す

「相手に質問させるよう仕向ける」のは営業の人がよく使う手であろう。あえて質問が来そうなポイントをおく。

ebay輸出バイブルは良い商材だろうけど項目数の多さを見ると、察する。間口が広すぎる。

乗るしかないこのビッグウェーブに!

メリットデメリット

ってここまで酔った勢いで書いたけど、少し冷静になって思ったのが「熱いうちに打てない!」ってことがある。

酔ってたけど、別に商材をディスってるわけではない。内容を見て気になると思ったら買うべき。自分が一からスタートするなら少なくとも4000円以下で手に入れることはできない情報集。いくら儲けた!とかそんなのはどうでもよくて、知りたいことが書いてありそうなら買うべき。

おこぼれ作戦のデメリット

検索流入が目的ならば、誰かが検索するころにすでにインデックスされてなければならない。

読者をたくさん抱えているメルマガ配信者が流す情報の傾向を読み取って、先に検索上位に乗っかっておく必要すらある。それは厳しい。

ただ、良さそうなワードで自分も詳しく書けそうならば、大いに乗っかって今後の検索流入にはつなげたいと思う。

おこぼれ作戦のメリット

これの良い所は、検索流入を目的としているために有用なキーワードが同じであれば内容は別に同じではなくていい所。

例えば、商材中の画像を使ったリサーチというキーワードだけで考えてみる

Googleに画像ぶち込んで、キーワードで「site:amazon.co.jp」を検索したらAmazonだけの商品を見る事ができるのだけど、

こんなのを沢山まとめて一つの記事とした時に、商材以上に情報が書いてあれば、おこぼれ大作戦は成功だ。

検索流入 + ページ/セッション が獲得できる。

有用そうなキーワードは、こっちが思ったワードではダメな事は織り込み済みで、絶対にキーワードプランナーに通す必要があることも最近理解した。

書いていてかなりめんどくせー事も分かったから、やるか分からないが、まあホットな話題を集めているはずなので、検索流入目的なら検証して面白いかもしれない。

まとめを追記した

  1. カリスマの配信者(インフルエンサー)が特定キーワードを発した時がアクセス上昇のカギ
  2. 情報商材はキーワードの宝庫(塾などで挙がったのホットな話題などが含まれるであろうから)
  3. 宝庫の中から、キーワードプランナーでボリュームがあるならば、それで記事を書いておくといいかもしれない。

ようは、「かもしれない」釣り記事だ!(もしここまで読んでくださった方がいたら、ごめんなさいだ)
シラフの今、ダラダラ書いた文章から読み解くとこういう事が言いたかったハズ。昨日の僕はもうここにはいない。

余談

以前おちゃのこネットで海外ネットショップを作った時にたどり着いた「おちゃサポ」というカスタマイズサイトで紹介されていた人が中本アキノブ氏と似ている。

おちゃのこネットはすでにお客さんをたくさん持ってるセラーが海外ネットショップ作る時におススメのカートだ。


The following two tabs change content below.
海外行ったことないし英語もできないけど海外オークション ebay をエンジョイしてます。ebay 楽しいので、みんな始めたら良いと思ってる。続いてる理由のすべてがこのブログの中にあるよ。

 - ブログの進捗状況