海外行ったことないけどebay輸出

ebay輸出のブログ / File exchangeの使い方 / Affinger4カスタマイズ / Amazonプライムビデオ

記事の寿命を数値化すると精神的に良い

投稿日:

ブログ書いてて、次のような記事ありませんか?

検索流入だけのアクセス(SNSなし)

  • 1年前:100アクセス/日
  • 現在: 10アクセス/日

拾っているクエリが減ったなどはあるでしょうけど、メインのキーワードは変動していない状況です。

これ「寿命がきた記事」って思うようにしています。ユーザーに情報が行き渡って陳腐化した状態。

情報を追記してどうのっていうよりも、根本的に「旬」が終わった記事を指します。
今回は”1年前”と”現在”とで比較しましたが、分かりやすい所で「芸能ゴシップ」のトレンド記事みたいなものと同じ考えです。

違いは、旬が終わる期間が早いか遅いかだけですよね。

僕の考えですが、たとえ細いアクセスだとしても旬の期間は長い方が好みです。

そこでブログ書く前には、その記事の寿命から力の入れ具合や優先順位を決めようじゃないかと。記事の寿命を数値化してみました。(完全に個人的な備忘録です)

記事の寿命を数値化

neko-gataテケテケン♪ キジノ ジュミョ~

寿命2週間1ヶ月3ヶ月半年1年
点数0.5 pt2 pt3 pt6 pt10 pt

ウェブの未来は予想するのも馬鹿げてるレベルで変化が早いので、実際に陳腐化したのを体感した「1年」をMAXで数値付け。

数値が大きいほど高評価で、記事の将来性を考えるのに使います。

僕にとって

  • 余命が1ヶ月の記事は2点
  • 余命が半年の記事は6点
  • 1年もつ記事は10点

な感じです。

異論は認める!(ドヤァ)

各数字にそれらしい根拠つけようかな~と思いましたが、"サイトやその人の考え方による"ですべて説明できるでしょう。インデックスのスピードも考慮しておりません

数値にして、どう使うか

数値化することで、労力のかけ方が見える化します。優先順位が付けやすくなるって寸法

例えば

特定クエリを追いかけるゴール

  1. 10点を80%の労力で書き上げてアップ
  2. 網羅性の意識から
    0.5や2点を20%の力で定期投稿してサイトの力を上げる

メリット面も数値化すると更にイイ

プラスして「メリット」なんかも数値化するとより優先順位が決めやすくなる。

  1. 検索ボリューム
  2. ライバルサイトのドメイン力
  3. マネタイズ面(アドセンス、ASP、amazonなど広告数)
検索ボリューム10~100100~10001000以上
ライバルのドメイン力~1515~55~1
マネタイズ面3~
点数1 pt3 pt5 pt

記事の将来性を考えて、
点数を合計した数字が高い記事から書き始める。

例えば二つの書きたい内容があった場合に、それぞれの点数を考えてみる。

  1. 寿命:10点、検索ボリューム:3点、ライバルサイト:1点、マネタイズ面:3点=17点
  2. 寿命:3点、検索ボリューム:5点、ライバルサイト:1点、マネタイズ面:5点=14点

1の記事が合計17点
2の記事は合計14点

この場合、①の記事を先に書く事で、より長くメリットをもたらせてくれるかもと判断できる。

成果が出るか分からない記事を追いかけるのですから、自分の行動に意味を付けられると楽じゃないですか?

寿命が長い記事って?

寿命が長い記事ってどんなものが該当するでしょうか

例えば

  • 「カブトムシの育て方」
  • 「トマトの育て方」
  • 「インフルエンザの予防方法」

これらの記事は廃れそうにないです。季節によって数字変動はあれど、上位取ったら寿命が長いことは容易に想像できます。

寿命の長さが想像できる理由

長い寿命を想像できる理由は、扱うテーマが動かないからです。

「〇〇の育て方」という記事を書く際に、〇〇が不変であればあるほど寿命が長いと考えることができる。

これが例えば

  • 「たまごっちの育て方」

「たまごっち」が廃れてしまえば記事として終わってしまいます。寿命は上に比べると短いでしょう。

もっと言えば

  1. 「Twitterアカウントの育て方」
  2. 「Instagramアカウントの育て方」

同じSNSですが、それぞれで寿命が異なるでしょう。

寿命がどれぐらいかの判断はその人の考え方ですが、「〇〇の将来性」を自分の中で決めてから記事を書いた方が気持ち的には楽ですよね。

 

ブログ運営って成果が出るか分からないフワフワしたことを追いかけるので、自分の中で具体的に追いかけれるように環境作るといいかもって話でしたー。

おわり

🔥 Thank you for your time! 🔥

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yotta(よった)

海外ECサイト ebay(イーベイ)で販売者やってます(in2018) 自分がつまづいて困った「ebayの設定方法」解説を中心に、海外への発送手段を比較したりしつつな趣味のブログです。

follow us in feedly

関連の最新情報などは Twitterで発信することが多いです。拡散やフォロー よかったらぜひー! ✨⚽🐕🍻

-ブログ運営

Copyright© 海外行ったことないけどebay輸出 , 2018 All Rights Reserved.