ebay輸出のことや、Amazonプライムビデオのおすすめ作品などをヨッタさんへ教えるブログ

前略、ヨッタさんへ

なぜブライアンは頑なに「セラーの助けになる」と言い続けるのか

投稿日:

Why

「なぜブライアンは、目指すゴールの先にセラーの助けがあると言うのでしょうか」という部分を僕なりに考えてみた話

ブライアンは2017年の秋のセラーアップデートでebayコミュニティーに現れた孤高のebay戦士。なんだか火に油を注ぐような鉄の意志を感じるコメントを返信する為、僕の酔った頭の中で好感度がグイグイと上がった人物です。

ブライアンは言います「ゴールは、バイヤーがebayに集まり留まることで、それがセラーの助けになるんやで」と。

It appears that with these changes we focus on buyers, but remember,our goal is to get buyers here and keep them here - that ultimately helps sellers.

2、3年後に今と同じ集客力があるか?

Market

ebayはバイヤーを集めて、株主にアッピールして行かなければなりません。集客できるからこそのプラットホーム商売です。

しかし、数年後に今の集客力をebayは維持できるのでしょうか?

少なくともAmazonに毒された今の全体トレンドのままだと、これから先ebayにバイヤーがとどまり続けるかは怪しいもんで、何かしなければみんな共倒れでしょう。

だから今ebayはセラーの信用を売って、バイヤーを確保している。信用の切り売りをやり出したレベルなんだよって事だと僕は解釈しています。

弱小セラーを淘汰し、中国セラーが生き残る

弱小な小売りセラーで生き残るのは難しい仕様になりつつあって、

それはみんなが同じ中国から来たBIN商品を扱い、さらにebayの方が種類が少ない状態で世界(Amazon)と戦っているのですから

決まったパイを値下げして取り合っているだけです。

そこにもっとセラーの力を利用して優劣つけましょうよ!って動きがあって、普通に考えたら中国セラーが今以上に生き残るイメージです。

参考:webretailerで公開されているトップ1000 ebayセラーリストが、2017年版に更新(去年と同じランキングに見えるので詳細不明)

chinaseller

ブライアン(ebay)が鉄の意思を以て任務を遂行しているのも、すべては詐欺だろうが何だろうがバイヤーを増やすための先を見据えた動きで

当然、今回のリターン自動アクセプトや、無料返品者を優遇するみたいな措置はとってしかるべき全体トレンドなのでしょう。(ウォーターマークの件はトレンドだけが理由では説明にならないと思いますけど)

玉石混交なebayは終わったが、従う必要はない

いろんなセラーが混ざり合って、カオスな雰囲気のebayが好きでしたが、なかなか現状はその動きは求められていないようです。

ただ、ebayの言いなりになる必要もありません。弱小セラーには、それなりの戦い方があります。(弱小セラーの判断はお任せします。)

ebay SEO の話

ebayの検索結果上位に自分の商品を持っていく小手先の知識を ebaySEO と言ってます。

例えば、バイヤーは検索する際に「最安値」で検索することが多いです。それをハックする方法がありました。

マルチバリエーション出品を使って一つだけ最安値にするテクニック

5色の種類があるスマホケースをまとめて一つの出品にする際、1色だけ2$で他は5$などにします。すると、最安値検索した際に、2ドルの商品に引っ張られて自分の商品が上位に来ます。

「黒が欲しくて商品開いたら、黒は5ドルで、2ドルはうんこ色のケースでしたー」みたいな出品です。うんこ野郎です。

コレをもっと悪用すると、iPhoneのセット商品的なリストにして、「ケーブル、ケース、保護フィルム、スタンド」などをそれぞれebayシステム内でOKな幅で一つの商品としてリストします。(カテゴリ違いで全然ダメですからね)

こういうハック的なのはバイヤーからしたらアウトなので、めちゃくちゃするセラーはebayから求められない動きがあります。

関連記事:ebayにとって良いセラーを考えるススメ

ebaySEOするならば、ebayが検索上位に表示する具体的な方法をちゃんと道筋用意しますよーという競争をいま煽られているわけです。

そこで弱小セラーの戦い方

言うまでもなく弱小セラーは上位合戦で戦う必要はありません。従って競争する必要はなく、自分のお客さんを作ることに徹するべき。

その為にebayを利用すればいいわけです。

で、この辺は酔ってない時にちょっと別記事に書きます。たぶん、近い将来(なるべく二番煎じにならないようなやつ)

技術の進歩でプラットホーム商売が無くなる

Evolution

前どこかで書いたのですが、この先、個人が今やってるような物販は終わると思ってますし、ツールだ何だって言う話も先がなくて、ましてやそれを開発してプラットホーマー側に近づく商売なんかも先が細いなーとぼくは常々適当なことを思っているわけです。

さらには胴元であるプラットホーム商売が今後は成り立たないレベルになっていくと考えているので、ebayが言う「バイヤーを留める」は非常に重要だなぁとシミジミ感じます。

だからこそブライアンが言う「バイヤーが留まる事が、セラーの為になる」が、今のebayを表してるんだなーと複雑に思ったりしてるわけです、かってに。(妄想だけでココまで2000文字も!)

ライフサイクルの短い多様化な時代

いろんな所が合わさっての考えで、すべては多様化な時代になって、ブランド価値、物の価値、ライフサイクルはどんどん短くなり、お金の価値だってどんどん薄れてくところに、技術の進歩がありますよって話です。

Payment Request API や Amazon Pay(旧Amazon ログイン&ペイメント)がもっともっと浸透したら、「集客」だけが要になる世界ですよ。商品も持ってないですからねebayは。

何をやるかの「信念」をより強く持たないと飲まれてしまうって思いませんか? ふるいにかけてくるブライアン(ebay)にどうやって向き合うかは個々でしっかり考えを持ちたいところです。

yotta
ウォーターマークどうしよう

というところで、おわり

-ebay コラム

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.