記事のパクリ問題を有効に使う方法にチャレンジする【1】

投稿日:2017年3月23日
更新日:

今日残念なことが起こりました。ブログ記事の模倣です。

僕はこのブログをすべて自分で書いているわけですが、たまに模倣されることがあります。今日が初めてではないw 残念ですけど、いろいろ大変でみんな頑張ってるんだよということでしょう。

もちろん影響はありますが、所詮1万5千ほどのPVブログですからそもそも僕の求めている供給数になってない。それでも記事の模倣ってのはたまにあります。キュレーションサイトが問題になるわけですよ。

そして今日模倣された記事は、あるキーワードで検索上位にいて、当サイトの右サイドバーにて紹介してる「よく読まれている記事」のどれかです(▶)

今回は、模倣された記事を有効に使う方法についてをご紹介しましょう。

記事をパクられたときの一般的な対策方法

check

記事をパクられた場合の一般的な対策方法は、Googleの検索結果に表示されないようにすることです。Googleに申告できます。ペナルティ申告ですね。インデックスされる日時は残りますので、元記事と照らして「これ転載やでー」と次のリンクから申告します。

著作権侵害の報告:ウェブ検索

パクリ記事で参考にしたのはNaifixさんの記事です

申告の際は、パクリ記事の改変を考慮し魚拓をとっておくことも読者へのアッピールポイントになるかと思います。

インデックス削除されたサイトは、ある種のペナルティを課せられた状態でドメイン運用していかなければなりません。僕なら嫌ですw

でも、今回は申請しない方法で経過を公表していきたいと記事を書いています。

申告しない理由はこちらが弱者だから

最初は申請して経過を書くつもりでしたが、それらの経過紹介はたくさんの方々が検索上にアップされていたので別視点でコーナー化してみよう思ったのが一つの理由。

あとはこちらの立場が弱いからでもあります。

僕が模倣、模倣と言っているのは、けしてパクリだと言えないところで、内容の偶然の酷似でしかないってこと。なぜなら僕があえて「ら」抜きで書いていたり、口語調にして書いたところなどが綺麗に異なっているから。

参考までにコピーコンテンツチェックツール「影武者」で確認したところ 44.81%の一致です。テキスト水増しでいくらでも薄めれるカルピスみたいな

44.81%で一致

斜め読みされてもいいようにうまい事修正されてる感じで、話題になっているキュレーターさんのワザを見せて頂いた気分で関心してる。いや、しています。

yotta
サッカー代表選に呼ばれている本田選手から言わせたら「俺の不始末」というところでしょう。

パクリ証明は難しい

パクリ証明がみんな大変だと言っているのは、酷似であって、パクリではないと言われたらこちらとしては「あっ、察し」となるからでしょう。最近DeNAで問題化した資本力によって弱者をつぶす方法と酷似していますね。訴えを届けるのがどれだけ労力を要するかはみなさんご存じの通り。

そのようなわけで、今回の模倣された内容も申告して進めても終わりの部分が面白くなさそうだったので、より面白くなるには?に振ってやっていこうかなと思います。レッツトライ♪

記事のパクリ問題を有効的に使っていくチャレンジ

Watch

目的:同じような話題の記事がどれぐらいのペースで上位に表示されていくのかを学ぶ

せっかく複数サイトで実験せずともデータ追えるわけですから、みなさんと共有できればというところです。

現時点のデータを出します。※この部分はいくらでも数字ごまかせる部分なので、参考程度にお楽しみ頂ければ幸いです。数字ごまかしなんてしません。とだけ言っておきます。

文字数と特定キーワードの順位

当サイトの模倣された記事のデータ

  • 文字数:3920 ぐらい(タイトル除く)
  • 特定の2語複合キーワードの順位:4位(530,000件中?)
  • 特定の2語複合キーワードの順位:1位(444,000件中?)

他にもちょこちょこロングテール拾えていると思います。とりあえずアクセスは1000そこそこです。

模倣してる記事のデータ

  • 文字数:4646 ぐらい(タイトル除く)
  • 特定の2語複合キーワードの順位:8ページ目
  • 特定の2語複合キーワードの順位:5ページ目

1ページあたり10件の検索結果とお考え頂ければと思います。1ページ目にきてからの面白さでしょう。

それぞれのサイトの被リンク数

サイトへの被リンク数とかも書いてみます。誰でも見れるデータが良いと思うので、

被リンクチェックツールのhanasakigani.jp で調べてみました。他に良いところあれば教えて頂ければ僕が喜びます。

当サイトの該当記事への被リンク数

  • 被リンクの数:0件
  • 被リンクのドメイン数:0件
  • 該当記事への被リンクの数:1件
  • 該当記事への被リンクのドメイン数:1件

え!!?と思いましたが、そういう事みたいですw あとこの記事はサーチコンソールで見ると2,396件もリンク張られてる。いや異常でしょ笑

模倣してるサイトのデータ

  • 被リンクの数:204件
  • 被リンクのドメイン数:4件
  • 該当記事への被リンクの数:0件
  • 該当記事への被リンクのドメイン数:0件

MOZのドメインパワーの違い

一応Mozのドメインパワーも紹介しますね

当サイトの該当記事

  • Domain Authority : 7/100
  • Page Authority : 20/100

前ドメインパワー8だったのに下がってるというw くっそ

模倣されたサイトの該当記事

  • Domain Authority : 16/100
  • Page Authority : 1/100

今日アップされた内容なのでこれからページオーソリティーがどうなるかでしょう。

ドメインパワーについてはこちらをどうぞ

数字比較まとめ

Data

比較した数字を表にしてまとめてみました。これが次の記事でどう変化するかが目的です

当サイトのデータ模倣しているサイトのデータ
記事の文字数39204646
特定の2語複合キーワードの順位(1)4位8ページ目
特定の2語複合キーワードの順位(2)1位5ページ目
サイトへの被リンク数とドメイン数0件:0件204件:4件
該当記事への被リンク数とドメイン数1件:1件0件:0件
MOZのドメインオーソリティDA 7 : PA 20DA 16 : PA 1

今日の今日だから、数字はこれからですね。当サイトのデータは変わらないと考えています。順位変動があるぐらいでしょうか。

あとはどれぐらいリンクが貼られるかなどを追っていこうかな、と。

Googleが検索結果で専門性・権威性・信頼性を評価すると発表している

キュレーションサイトうんぬんの話題で日本のグーグルが動いたように、最近よく動きがあるようです。アフィリエイターさんの話題を追いかけてますが、まあ勉強になります。活かす場はありませんが。

模倣された背景

今回の模倣を実行した背景はなんだろう?と僕なりに考えたのが、権威性を取り違えてんじゃないかって所です。ウェブにおける権威性とはなんだろう?と考えましたが、分かりません。

一般社会で考えるならば、ただの酔っ払いが書いているブログに権威性はないように思います。そして今日ほぼ一致すると思われる記事を投稿されたサイトは一般社会で考えるならば、僕のブログより権威性があるように思います。

しかしながら、Googleが人間社会の権威性にも重きを置くのかはAIが発展してきたとは言えまだまだ懐古的で、おそらく権威性=情報の網羅性などかなと僕なりに考えているところです。
 

当然模倣されたサイトさんもその辺は把握されているでしょうから、より専門的な一つを埋めることができる記事に手を出してこられたのかなーと俯瞰しとります。

キュレーションサイトから溢れているライターさんは多くいるようです。イメージとしては、サイト価値を上げる上で、アクセス1000ぐらいの記事だけど取りに動いた感じでしょうか。

 

今日はサッカー日本代表選があっていつも以上にまとまりない感じですが、今後シリーズ的に追いかけてみますね。終わり。

アンケート




あなたが知っている「ebay輸出ブログやサイト」を教えてもらえませんか?

自薦・他薦は問いません。リンク集が作りたいので、あまり知られていないけど良いサイトだよ!な所をぜひ

ニックネーム

URLやサイト名、良い所などを添えて頂ければ助かります。ついでに当サイトに対するご意見も募集中です



-ebay輸出, ブログ運営

関連記事とスポンサーリンク

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.