ebay輸出のことや、Amazonプライムビデオのおすすめ作品などをヨッタさんへ教えるブログ

前略、ヨッタさんへ

やりたがり族とマルチ族との違い

投稿日:

当ブログにて使用しているオリジナル用語「やりたがり族」

このワードの説明不足を補完するのに加えて「マルチ族」との違いについてを書きます。内部リンク用として

やりたがり族と、マルチ族の違い

やりたがり族とは

やりたがり族とは、その人の自信をベースに周りを巻き込んで利己欲求を達成しようとする人達です。「自分だけ良ければ」な完全なる利己主義ではなく、その人なりの正義に基づいて周りを巻き込む人種。

「利己>利他」の傾きが一般の人?より利己寄りで、周りを巻き込む事が「良い」と思ってるタイプを指します。

yotta

経験に基づく持論ですが、やりたがり族の女性は、わりとすぐやりたがります。

男性は、やりたがり族でなくてもすぐやりたがると思います。これは下ネタですが、だいたい何に対してもやりたがるのを「やりたがり族」と呼んでいます。

マルチ族とは

マルチ族とは、やりたがり族と似ていますが、完全に「利己」だけで動けるタイプの人だと考えています。正義がない。

あと背後に大きな闇を持つイメージ。純粋で闇がない人も多いやりたがり族とはその辺も異なりますね。

ちなみに、利己や利他が良い悪いなんて話はしていません。

個人的には、やりたがり族もマルチ族もどっちも気持ち悪いから嫌っています。あなたがどっちだろうが知ったこっちゃないのであしからず。僕はやりたがり族の気があるため、自制するように心がけている。

マルチビジネスの経験

ちなみに、ネットワークを駆使するマルチビジネス何てやったことはありません。ただマルチの会場?に潜入したことはあります。

昔ぼくが「やりたがり族」全開でポジティブ最高!だった人間のころ、人脈集め(?)という道で迷った時、マルチビジネスへの勧誘チャンスを得る機会に恵まれたのが、潜入した流れ。

空気感を味わってみたかった好奇心。詳しくは面倒なので書きませんが、まぁ「気持ち悪かった」の一言で言い表せます。

良くも悪くも一部の利己主義者のおかげで、世の中が回ることもある皮肉

マルチ族を討伐しようとする勢力に「啓蒙して悦に入ってる族」という言葉もありますが、これはまた別の機会に

-ebay コラム

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.