27日のバースデーアップデートでサイトが飛んだカモ【原因と対策】

投稿日:2018年10月1日
更新日:

ヤバイです、ピンチです。

このサイト飛んだっぽいです。

別件のトラブルで右往左往してるところだったので気づくのが遅くなりましたが、アクセスが今のところ半分ぐらいに落ちました。

矢印が27日

どうやら27日に小さなGoogleアップデートが行われたようで、その影響だと思われます。

9月27日がGoogleの誕生日だから、Google Birthday Update(グーグル バースデー アップデート)と呼ぶそうです。

アップデート内容と、原因と対策を書き残します。
が、もちろん正しいかは分かりかねます。

バースデーアップデート関連

アップデートの内容

We haven't had a major update of that nature, but we did have a smaller one this week.

Googleの中の人いわく、大きな更新はないが、小さな更新が実行されたとのこと

しかしながら、どのような更新かは明かされていません。

健康アップデートの微調節で、サイトが回復したところもあれば、健康とバースデーでさらに落ちた所もあるそうです。そして、健康アップデートの影響を受けなかったサイトも影響が出ているという声もちらほら。

ご覧の通り、僕のサイトも健康のけの字も意識してないサイト。

つまるところで、まだ何も分かってないようなので自分で考えてみます。

このサイトにとって大きい変化なので、何をもってして「Small」か分からずイラっとしましたが、小さいなら何かできることもあるかもしれません。

落ちた数字で気になるところ

27日に一気に落ちてました。

順位追いかけてないのでざっとの把握になりますが、内容は2点

PV稼いでいた特定のいくつかの記事が明らかに数字減っている

今まで誰にも読まれなかった記事が少し数字になっている

0~1 PV/day

3~4 PV/day

yotta
なんだろう、見られたくない所だけが晒された感じ。すごくサディスクティックなアップデート

考えられる2つの原因

1.MFIの影響

19日ぐらいにサーチコンソールにメッセージが来ていました。

https://bvb-arigato.com/ の所有者様
モバイル ファースト インデックスが有効になっているため、スマートフォン用 Googlebot のログでサイトのトラフィックが増加している可能性があります。また、モバイル版のコンテンツから Google 検索結果のスニペットが生成されるようになることもあります。

背景: モバイル ファースト インデックスは、インデックス登録とランキングの決定についてモバイル版のコンテンツを使用することで、ユーザー(主にモバイル ユーザー)が探している情報を見つけやすくするための仕様です。弊社のクロール、インデックス登録、ランキングのシステムは、これまでは PC 版のサイトのコンテンツを使用していたため、PC 版とモバイル版でコンテンツが異なる場合、モバイル検索に不都合が生じることがあります。弊社の分析によると、お客様のサイトのモバイル版と PC 版は類似しています。

意味としては、「今まではPC用で検索結果に反映されていたけれど、今後はモバイルユーザー用として検索結果に反映されるよ」という事ですよね。

MFIが適用されて、直近のクロールが27日早朝だったみたいなので、改めてモバイル向けじゃないやんけ!ってことで判断されたのでしょうか。

yotta
「モバイルユーザーにとって順位が上にいる価値がないサイト」こんな感じで認識しました。

ただし19日にメッセージが来て、27日に突然落ちるというタイムラグがあるので、原因はモバイルうんぬん以外かもしれません

2.新規記事が悪影響を及ぼしている

上記したMFI以外で考えると「わかりません」という答えです。

あえて理由を用意するなら、「追加する記事がたいして読まれていない上に、ジャンルが今までと比べて関係ない」は原因かも

9月は、15日と16日と24日に投稿しました。

そしてサイトに紐づいているクエリ群とあまり関係がない記事です。

もうPVのために人様の分からないを解決する気は僕にないので、今後も自分中心の記事を書き続けるつもりでした。

しかし、それらを書くことで今まで書いた人様の分からないに向けた記事もPVが落ちるのであれば、考えものですね。

とりあえずサイト単位での評価が落ちたというイメージ。

E-A-T(専門・権威・信頼)が絡んでいる?

【Google大変動】2018年9月28日にGoogleで大きな順位変動

上のSEOラボさんの所は今回のアップデートで順位が上がったと書かれています。その理由は、E-A-Tが考慮され「ドメインパワー」が向上したからだそうです。

なぜ今回SEOラボが評価されたか一言でいえば、「ドメインパワー」が向上したからです。
つまり、良質なページが多いWebサイトとして、ページ単位でなくサイト単位でGoogleに評価されたのでドメインパワーが向上したということです。
これには、Google検索品質評価ガイドラインで定義されてるE-A-T(専門性、信頼性、権威性)も考慮されてるでしょう。

E-A-Tの量が多いサイトと判断される方法が分かりかねますが、感覚的に僕のサイトはE-A-Tの量が少ないと思われます。

そのため

  • 新規投稿内容がE-A-Tが求められるクエリだったのかもしれません。
  • もしくは今まで書いていたクエリが新たにE-A-Tを求め始めたのかも。
  • あとは先月書きましたが、実はPVを裏で操作されていたのかもしれません。

つまるところで、分かりませんという答えになったわけです。

操作されてるかも!? ブログ始めて32か月目のPV結果

平成最後の夏が終わりました。 はたして和暦は必要なのか?ってぐらいの感覚で、僕はビール飲んでダラダラ過ごしました。粛々とブログにやったことを残し続けるだけです。 結果行きます 32か月目のPV結果 月 ...

やること

とりあえずMFIが影響したと考え、モバイル向けにリライトしてみますが、モバイルユーザー向けってなんでしょうか?

無駄にタップするところを増やしてみようと思います。あとは表示スピードでしょうか。

投稿記事が悪影響だったならば、ほぼ諦めです。書きたい強い主張の記事なので消すわけにはいきません。(追記:消してみました)

今までの記事でE-A-Tをより求められるのならば、それもまた厳しいです。

考えている事

評価されているE-A-Tの総量を知るすべは分かりません。

しかしE-A-Tの量に対して、記事数が多いのは問題があるかもしれないと考えています。

1ドメインで闇雲に記事を増やして、どれかが当たるようなやり方をするならば、ある程度E-A-T貯金が必要だという考えです。

E-A-Tが少ないこのサイトに定められたキャパがオーバーしている状態なのかもしれません。そう考えると、改めてテーマに沿ってサイトを分ける事はやってみるべきかなぁと思っています。

「思った」だけで申し訳ない内容ですみません。バースデーアップデートで逆に上がったよ情報を集めようと思います。

yotta
改めて方向性を決めたので、次の記事もよろしければどうぞ
バースデーアップデートで落ちたサイトは、再評価を待ち「記事内でリピーターが生まれるクエリ」を追うと良い

9月27日を境にアクセスが激減しました。いろいろ調べて、原因とやるべきことを決めましたので、書き残します。 最終的には、「記事の中でリピーターが生まれるクエリ」を追いかけると良いという答えになりました ...

-ブログ運営

関連記事とスポンサーリンク

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.