ebay輸出のことや、Amazonプライムビデオのおすすめ作品などをヨッタさんへ教えるブログ

前略、ヨッタさんへ

ページ内リンク(#付きURL)からの流入数を調べる簡単な方法「サイトの目次リンク」

投稿日:

検索結果で、記事タイトルとは別に見出しへの直接リンクが表示されることがあります。

seoの検索結果画像

参考画像(キーワードseo)

それぞれの目次へ一気にジャンプできるリンクです。

このリンクから来たアクセスを調べる方法をサクッとご紹介します。

ページ内リンク(#付きURL)からの流入を調べる方法

使うツールはサーチコンソールです。

2工程ですぐ確認可能です。

1)検索アナリティクスを見る

検索トラフィック ⇒ 検索アナリティクス

検索アナリティクスのルート画像

2)検索アナリティクス内の「ページ」へチェックを入れる

検索アナリティクス ⇒ ページ(チェック)

ページへチェックする画像

以上です。

自サイトのURLがズラズラ表示されている中に、「#付きのURL」が存在していることでしょう。

pound-links

過去の期間を設定したり、クリック数以外にもチェック入れて調べるとより詳しいデータが分かりますね。

  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位

チェック場所の画像

#付きURLだけ抽出する

すべてのURLが混ざって見にくいので、#付きURLだけを抽出します。

結果の左下の方にある「ダウンロード」をクリック

sachiko-dl

CSV形式か、Google ドキュメント形式が選べます。どちらも内容は同じです。

  • エクセルなどで編集する場合は「CSV」を選択
  • オンライン上のGoogleスプレッドシートで編集する場合は「Google ドキュメント」を選択

今回はスプレッドシートを選択

あとは、スプレッドシートでフィルタを設定します。

spreadsheet-pundkey

  1. フィルタをクリック
  2. ページをクリック
  3. 条件でフィルタ
  4. 「次を含むテキスト」を選択
  5. #を入力し、OK

シャープ付きのURLだけ一覧の完成

yotta
全然アクセスがなくてガッカリしたのはココだけの話

#付きのリンクを表示させるには?

見出しへのジャンプリンクを検索で表示させるには、この記事が参考になりました。

Google検索結果のスニペットにページ内リンク(目次リンク)を表示させる方法

特に意図せずにリンクが発生している方も多いと思います。

そういう方々は、ワードプレスの目次プラグインである「Table of Contents Plus (TOC+)」が自動的に付ける#idを拾われているのではないでしょうか。

せっかくならばより効果的な目次を作って、検索流入の間口をどんどん広げたいものですね。

目次を強化する

目次を強化したい方は、「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)」プラグインがオススメです。

-ブログ運営

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.