海外に荷物を送る発送料金の徹底比較【5種類からベストな方法を選ぶ!】

international-shipping-banner

個人が日本から海外に荷物を送るときの送料比較リストです。

安い方法ならいくらぐらい?

SAL便(サルびん)価格をCheck!

安くて補償付きはある?

書留付きSAL or 国際eパケット をCheck!

追跡だけ付けるといくら?

追跡のみはeパケットライトの価格Check!

早く届けたい。でもお高いんでしょう?

EMS 価格をCheck!

 

 

送りたい国画像

荷物の重さ画像

「送り先の国」「荷物の重さ」から、
安く送る方法・保証ありの方法・追跡アリの方法など、あなたのベストを選べます。

複雑な国際郵便の送料を5つの発送方法で分かり易く比較しリスト化しました。

郵便局のお姉さん
今日はどこに送りますか?
まずは送り先をタップしてお選びください。

第1地帯画像

第2地帯画像

第2-2地帯画像

郵便局のお姉さん
国際郵便はお近くの郵便局から発送できます(簡易郵便局を除く)

参考サイト:国際郵便料金表pdf https://www.post.japanpost.jp/int/download/charges.pdf (日本郵便公式サイト)

第2地帯の送料比較(アメリカなどへ送る場合はこちら)🇺🇸 🇨🇦 🇦🇺

第2地帯

第2地帯は「アメリカ(米国)、カナダ、オーストラリア、イスラエル」などが対象

+ 第2地帯の主要な国一覧(クリックして下さい)

アメリカ合衆国, カナダ, オーストラリア, イスラエル, ソロモン, ニュージーランド, パプアニューギニア, フィジー, エルサルバドル, キューバ, コスタリカ, ジャマイカ, トリニダード・トバゴ, パナマ, バルバドス, ホンジュラス, メキシコ, アラブ首長国連邦, イラク, イラン, オマーン, カタール, キプロス, クウェート, サウジアラビア, シリア, トルコ, バーレーン, ヨルダン, レバノン、など

第2地帯の送料表(50g~2000gまで)

重量 (gまで)SALSAL書留eパケライトeパケットEMS
50 gまで180 円590 円 (550)550 円560 円 (520)2,000 円
100 gまで180 円590 円 (550)550 円635 円 (595)2,000 円
150 gまで280 円690 円 (650)620 円710 円 (670)2,000 円
200 gまで280 円690 円 (650)620 円785 円 (745)2,000 円
250 gまで380 円790 円 (750)690 円860 円 (820)2,000 円
300 gまで380 円790 円 (750)690 円935 円 (895)2,000 円
400 gまで480 円890 円 (850)780 円1,085 円 (1,045)2,000 円
500 gまで580 円990 円 (950)870 円1,235 円 (1,195)2,000 円
600 gまで680 円1,090 円 (1,050)960 円1,385 円 (1,345)2,180 円
700 gまで780 円1,190 円 (1,150)1,050 円1,535 円 (1,495)2,360 円
800 gまで880 円1,290 円 (1,250)1,140 円1,685 円 (1,645)2,540 円
900 gまで980 円1,390 円 (1,350)1,230 円1,835 円 (1,795)2,720 円
1,000 gまで1,080 円1,490 円 (1,450)1,320 円1,985 円 (1,945)2,900 円
1,100 gまで1,180 円1,590 円 (1,550)1,590 円2,255 円 (2,215)3,300 円
1,200 gまで1,280 円1,690 円 (1,650)1,590 円2,255 円 (2,215)3,300 円
1,250 gまで1,380 円1,790 円 (1,750)1,590 円2,255 円 (2,215)3,300 円
1,300 gまで1,380 円1,790 円 (1,750)1,860 円2,525 円 (2,485)3,700 円
1,400 gまで1,480 円1,890 円 (1,850)1,860 円2,525 円 (2,485)3,700 円
1,500 gまで1,580 円1,990 円 (1,950)1,860 円2,525 円 (2,485)3,700 円
1,600 gまで1,680 円2,090 円 (2,050)2,130 円2,795 円 (2,755)4,100 円
1,700 gまで1,780 円2,190 円 (2,150)2,130 円2,795 円 (2,755)4,100 円
1,750 gまで1,880 円2,290 円 (2,250)2,130 円2,795 円 (2,755)4,100 円
1,800 gまで1,880 円2,290 円 (2,250)2,400 円3,065 円 (3,025)4,500 円
1,900 gまで1,980 円2,390 円 (2,350)2,400 円3,065 円 (3,025)4,500 円
2,000 gまで2,080 円2,490 円 (2,450)2,400 円3,065 円 (3,025)4,500 円

() 内は「割引後」の金額(1度に10件以上を差し出す場合)

郵便局のお姉さん
表を印刷しても便利です
(選択 > 右クリック)

AUはSAL書留不可

SAL発送が可能なオーストラリアですが、国際書留には対応しておらずSALの書留付きでは発送できません。ただしeパケライトやeパケットは発送可能です。

ちなみにAU宛の荷物は"無地"の箱で送るのがオススメです(食べ物の絵が描いてあったり、デザインによって高確率で引っかかる為)

 

郵便局のお姉さん
初めて国際郵便を送る方、
2kg以上の荷物を送りたい方は次の案内も一緒にどうぞ

それぞれの発送方法についてはこちら

5つの発送方法を比較

小型包装物のサイズ上限50g~2,000g(2kg)

2kg以上の荷物についてはこちら

EMSの料金表

※EMS = ゆうパックのような方法

目次へ移動(▲)

第1地帯の送料比較(中国などへ送る場合はこちら)🇨🇳 🇸🇬 🇰🇷

第1地帯

第1地帯は「中国、台湾、香港、韓国、シンガポール」などのアジア圏が対象

+ 第1地帯の主要な国一覧(クリックして下さい)

中国, 台湾, 香港, 韓国, シンガポール, ラオス, モンゴル, ミャンマー, マレーシア, マカオ, ベトナム, ブルネイ, ブータン, フィリピン, バングラデシュ, パキスタン, ネパール, タイ, スリランカ, グアム, カンボジア, インドネシア, インド, など

第1地帯の送料表(50g~2000gまで)

重量 (gまで)SALSAL書留eパケライトeパケットEMS
50 gまで160 円570 円 (530)530 円530 円 (490)1,400 円
100 gまで160 円570 円 (530)530 円580 円 (540)1,400 円
150 gまで240 円650 円 (610)580 円630 円 (590)1,400 円
200 gまで240 円650 円 (610)580 円680 円 (640)1,400 円
250 gまで320 円730 円 (690)630 円730 円 (690)1,400 円
300 gまで320 円730 円 (690)630 円780 円 (740)1,400 円
400 gまで400 円810 円 (770)700 円880 円 (840)1,400 円
500 gまで480 円890 円 (850)770 円980 円 (940)1,400 円
600 gまで560 円970 円 (930)840 円1,080 円 (1040)1,540 円
700 gまで640 円1,050 円 (1,010)910 円1,180 円 (1,140)1,680 円
800 gまで720 円1,130 円 (1,090)980 円1,280 円 (1,240)1,820 円
900 gまで800 円1,210 円 (1,170)1,050 円1,380 円 (1,340)1,960 円
1,000 gまで880 円1,290 円 (1,250)1,120 円1,480 円 (1,440)2,100 円
1,100 gまで960 円1,370 円 (1,330)1,340 円1,700 円 (1,660)2,400 円
1,200 gまで1,040 円1,450 円 (1,410)1,340 円1,700 円 (1,660)2,400 円
1,250 gまで1,120 円1,530 円 (1,490)1,340 円1,700 円 (1,660)2,400 円
1,300 gまで1,120 円1,530 円 (1,490)1,560 円1,920 円 (1,880)2,700 円
1,400 gまで1,200 円1,610 円 (1,570)1,560 円1,920 円 (1,880)2,700 円
1,500 gまで1,280 円1,690 円 (1,650)1,560 円1,920 円 (1,880)2,700 円
1,600 gまで1,360 円1,770 円 (1,730)1,780 円2,140 円 (2,100)3,000 円
1,700 gまで1,440 円1,850 円 (1,810)1,780 円2,140 円 (2,100)3,000 円
1,750 gまで1,520 円1,930 円 (1,890)1,780 円2,140 円 (2,100)3,000 円
1,800 gまで1,520 円1,930 円 (1,890)2,000 円2,360 円 (2,320)3,300 円
1,900 gまで1,600 円2,010 円 (1,970)2,000 円2,360 円 (2,320)3,300 円
2,000 gまで1,680 円2,090 円 (2,050)2,000 円2,360 円 (2,320)3,300 円

() 内は「割引後」の金額(1度に10件以上を差し出す場合)

郵便局のお姉さん
表を印刷しても便利です
(選択 > 右クリック)

韓国へはSALで送ることができません(eパケライトや国際eパケットはOK)

 

郵便局のお姉さん
初めて国際郵便を送る方、
2kg以上の荷物を送りたい方は次の案内も一緒にどうぞ

それぞれの発送方法についてはこちら

5つの発送方法を比較

小型包装物のサイズ上限50g~2,000g(2kg)

2kg以上の荷物についてはこちら

EMSの料金表

※EMS = ゆうパックのような方法

目次へ移動(▲)

第2-2地帯の送料比較(ヨーロッパやロシアなどへ送る場合はこちら)🇬🇧 🇫🇷 🇷🇺

第2-2地帯

第2-2地帯は「ヨーロッパやロシアなど」が対象です。料金は第2地帯とほぼ同じです。EMS料金のみ異なります(SALや国際eパケット料金は第2地帯と同じ)

+ 第2-2地帯の主要な国一覧(クリックして下さい)

英国 (イギリス), フランス, イタリア, スペイン, ドイツ, オランダ, ギリシャ, アイスランド, アイルランド, アゼルバイジャン, ウクライナ, エストニア, オーストリア, クロアチア, スイス, スウェーデン, スロバキア, スロベニア, チェコ, デンマーク, ノルウェー, ハンガリー, フィンランド, ブルガリア, ベラルーシ, ベルギー, ポーランド, ポルトガル, マルタ, モナコ, ラトビア, リトアニア, リヒテンシュタイン, ルクセンブルグ, ルーマニア, ロシア, など

第2-2地帯の送料表(50g~2000gまで)

重量 (gまで)SALSAL書留eパケライトeパケットEMS
50 gまで180 円590 円 (550)550 円560 円 (520)2,200 円
100 gまで180 円590 円 (550)550 円635 円 (595)2,200 円
150 gまで280 円690 円 (650)620 円710 円 (670)2,200 円
200 gまで280 円690 円 (650)620 円785 円 (745)2,200 円
250 gまで380 円790 円 (750)690 円860 円 (820)2,200 円
300 gまで380 円790 円 (750)690 円935 円 (895)2,200 円
400 gまで480 円890 円 (850)780 円1,085 円 (1,045)2,200 円
500 gまで580 円990 円 (950)870 円1,235 円 (1,195)2,200 円
600 gまで680 円1,090 円 (1,050)960 円1,385 円 (1,345)2,400 円
700 gまで780 円1,190 円 (1,150)1,050 円1,535 円 (1,495)2,600 円
800 gまで880 円1,290 円 (1,250)1,140 円1,685 円 (1,645)2,800 円
900 gまで980 円1,390 円 (1,350)1,230 円1,835 円 (1,795)3,000 円
1,000 gまで1,080 円1,490 円 (1,450)1,320 円1,985 円 (1,945)3,200 円
1,100 gまで1,180 円1,590 円 (1,550)1,590 円2,255 円 (2,215)3,650 円
1,200 gまで1,280 円1,690 円 (1,650)1,590 円2,255 円 (2,215)3,650 円
1,250 gまで1,380 円1,790 円 (1,750)1,590 円2,255 円 (2,215)3,650 円
1,300 gまで1,380 円1,790 円 (1,750)1,860 円2,525 円 (2,485)4,100 円
1,400 gまで1,480 円1,890 円 (1,850)1,860 円2,525 円 (2,485)4,100 円
1,500 gまで1,580 円1,990 円 (1,950)1,860 円2,525 円 (2,485)4,100 円
1,600 gまで1,680 円2,090 円 (2,050)2,130 円2,795 円 (2,755)4,550 円
1,700 gまで1,780 円2,190 円 (2,150)2,130 円2,795 円 (2,755)4,550 円
1,750 gまで1,880 円2,290 円 (2,250)2,130 円2,795 円 (2,755)4,550 円
1,800 gまで1,880 円2,290 円 (2,250)2,400 円3,065 円 (3,025)5,000 円
1,900 gまで1,980 円2,390 円 (2,350)2,400 円3,065 円 (3,025)5,000 円
2,000 gまで2,080 円2,490 円 (2,450)2,400 円3,065 円 (3,025)5,000 円

() 内は「割引後」の金額(1度に10件以上を差し出す場合)

郵便局のお姉さん
表を印刷しても便利です
(選択 > 右クリック)

EUでSAL書留が送れない国

一部SAL書留で発送できない国があります(SALの取り扱いはあっても、国際書留をつけることができない)

ヨーロッパ地帯では「デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、ポーランド 」など。

eパケットライトやeパケットなどは発送可能です。ただし追跡の有無は国によって条件が異なります。国による条件を調べる場合は、日本郵便サイトの「国・地域別情報(国際郵便条件表)」にてご確認いただけます。

 

郵便局のお姉さん
次に、それぞれの発送方法と 安く送るためのポイントや注意点を具体的に紹介しています。ぜひ一緒にご確認ください。

比較した5つの発送方法それぞれの説明

それぞれの発送方法についてまとめました。名前をタップすると説明が開きます。

+ SAL便(小型包装物)について

値段
送達スピード
補償無し
送り状送り状はありません。荷物に英語で住所を記載し、"税関告知書"(グリーンラベル)を郵便局でもらって書いて貼る。「小型包装物のサル便」で発送する旨を伝えて窓口で差し出したらOK。特に難しい事はありません。
説明日本で言うところの定形外郵便のような発送手段。2kg以下で90cmまでの小さめの荷物を安価に発送できる。他の手段と比べて取り扱いの優先順位が低いため、届くのは遅い。国によっては紛失リスクも高い。

とにかく安く送りたい時におススメ!

+ 国際書留付きSAL便(小型包装物)について

値段
送達スピード
補償あり(6000円まで)
送り状専用ラベルあり。しかし使わなくてもよい。SAL便と同じで、「小型包装物サル便の"書留付き"!」と伝えて窓口で差し出すことが可能。
その他:国際郵便マイページサービスで送り状を印刷することもできる
説明SAL便に国際書留を付ける手段。書留によって上限6000円までの補償と追跡番号が付与される。追跡は郵便局のサイトで確認できる。国によっては追跡ができない。

安く送りたいけれど、補償も必要という場合にピッタリ!

+ 国際eパケットライトについて

値段
送達スピード
補償無し
送り状国際郵便マイページサービスで住所入力+印刷(出力)

事前の専用パウチ請求が必要(パウチが届くまで数日かかります)

スマホで利用できる国際郵便マイページサービス for ゆうプリタッチなら荷物貼り付けでパウチはいらない
説明追跡付きのSAL便。補償や割引はないが、SAL書留で送れない国に追跡ありで発送できるため便利、そして安い。ただし重さによっては補償付きのSAL書留の方が安く送れるため注意が必要。発送可能な国は現在39ヶ国。より詳しい内容はこちら
国際郵便マイページサービスを利用(登録・パウチ請求・印刷)

安価な品物で、追跡だけが欲しい時などにおすすめ!

+ 国際eパケットについて

値段
送達スピード
補償あり(6000円まで)
送り状国際郵便マイページサービス※で住所入力+印刷(出力)
※発送に必要な書類を自動判別で印刷できるので便利(ただし、事前に登録・専用パウチ請求が必要)

(スマホで登録可能な 国際郵便マイページサービス for ゆうプリタッチならば、事前の専用パウチ請求はいらない(大量に送るのには不向き)
説明小型包装物の"航空便"に書留を付けた内容と同じ。

内容は同じでもただの航空便で送るより少し安い。そして航空便なので仕組み上、サル便より早く届く可能性が高い。国際郵便マイページサービスを利用(登録・パウチ請求・印刷)

バランスよく使いやすい発送法。お国の事情などでEMSを使いたくない時におススメ!

+ EMSについて

値段
送達スピード
補償最高200万円まで賠償制度あり(2万円以上の品物を送る場合は、内容品価格に応じた追加料金が必要)2万以上で+50円など。損害賠償制度についてはこちら
送り状専用の送り状ラベルあり。事前に用意したインボイスと一緒に差し出す(インボイスは国によって必要枚数が変わる)
EMSの発送に必要な書類
また、国際郵便マイページサービスで入力+印刷(出力)することも可能(インボイスなど含め自動で出力されるため、送り状を手書きするより便利)
説明日本で言うところのゆうパックのような発送手段。30kgまでの荷物をフルサービスで発送できる。どの発送手段よりも最優先で扱われるため送達は早い。しかしチェックも厳しいため国によってはSAL便の方が早く届くなんてこともある。ヨーロッパや中東に送るときは発送前に相手に確認すると親切な場合がある。

なるべく早く、安全に届けたい時の選択!

安く送るための補足やポイント・注意点

1.他の発送方法はある?

全部で20種類近い選択肢があります。

まず郵便局から差し出す国際郵便の発送方法は、大きく分けて4つの種類があり(EMS、航空便、SAL便、船便)、そして荷物の形態によって15種類ほどに選択肢が増え、さらにオプションも含めると20種類近くから選べます。

参考:発送方法の比較(郵便局サイト)

選択肢が多いことは合理的な利用ができる点で良い所ですが、一般的な物品を送る場合には必要がない選択肢も多く、混乱のもとになり、難しく見えると考えました。

そこで当サイトでは、送達リスク、紛失リスクなどの点を考慮し、ベストな選択肢として5つをおすすめ海外発送方法として比較しております。

2.重い(2kgオーバー)荷物を送りたい

2kg以上の荷物を郵便局から海外に送る場合は、「国際小包」か「EMS」で発送可能です(ともに30㎏まで)

補償・到着スピードに対する価格面からEMSの方が断然お得で安心です。

国際小包(の航空便・船便・SAL便)は、EMSで送ることができない国に使用するのがベターな使い方になります。しかしEMS不可の国は極まれです(世界195ヵ国中の120ヵ国以上にEMSは対応)

EMSの取り扱い国・地域

2kg以上のEMSリストはこちら 

3.軽い荷物は選択肢が増える

当サイトでは「50gまで」を最安としてリストしていますが、「印刷物のSAL便」などであれば20gや50gも より安く海外へ発送が可能です。印刷物についてはこちら

その他、大量差し出しで使えるPメール・Dメール。軽い物を世界中に一律90円で発送できる「航空書簡(こうくうしょかん)」などの発送方法があります

国際郵便の取り扱いサービス一覧はこちら

4.書留の割引について

410円でつけることができる書留(追跡+補償) は1度に10通以上を差し出すと40円割引されます(別納10件まとめて差し出し・書留料金410円⇒370円に!)

「書留」の割引なので、例えば「SAL書留を5通と"書留付き小型包装物の航空便"と同じ意味である国際eパケットを5通」の合計10通を差し出した場合でも各40円の割引が可能です。※ラベル使用必須

その他、50通以上で50円・100通以上で60円の割引があります。別納は切手での支払いが可能です。

日本郵便:国際書留について

追記:2019 年1月1日から、割引を適用する場合の切手支払いが不可となります。

料金割引郵便物等の料金支払方法の変更

1度の差し出しが対象の「別納」ではなく、月間契約(後納)だと割引のバリエーションが増えます。(月間50通以上40円、100通以上60円、300通以上75円など)EMSも割引されるので、月間に送る件数が多い場合は後納契約もお得です。ただし切手払いができません。

2kg 以上のEMS送料

重量 (kgまで)第1地帯(アジア圏)第2地帯(米国・カナダ・豪州など)第2-2地帯(ヨーロッパ・ロシアなど)第3地帯(南米・アフリカなど)
2.0 kgまで3,300 円4,500 円5,000 円7,300 円
2.5 kgまで3,800 円5,200 円5,800 円8,800 円
3.0 kgまで4,300 円5,900 円6,600 円10,300 円
3.5 kgまで4,800 円6,600 円7,400 円11,800 円
4.0 kgまで5,300 円7,300 円8,200 円13,300 円
4.5 kgまで5,800 円8,000 円9,000 円14,800 円
5.0 kgまで6,300 円8,700 円9,800 円16,300 円
5.5 kgまで6,800 円9,400 円10,600 円17,800 円
6.0 kgまで7,300 円10,100 円11,400 円19,300 円
7.0 kgまで8,100 円11,200 円12,700 円21,400 円
8.0 kgまで8,900 円12,300 円14,000 円23,500 円
9.0 kgまで9,700 円13,400 円15,300 円25,600 円
10.0 kgまで10,500 円14,500 円16,600 円27,700 円
11.0 kgまで11,300 円15,600 円17,900 円29,800 円
12.0 kgまで12,100 円16,700 円19,200 円31,900 円
13.0 kgまで12,900 円17,800 円20,500 円34,000 円
14.0 kgまで13,700 円18,900 円21,800 円36,100 円
15.0 kgまで14,500 円20,000 円23,100 円38,200 円
16.0 kgまで15,300 円21,100 円24,400 円40,300 円
17.0 kgまで16,100 円22,200 円25,700 円42,400 円
18.0 kgまで16,900 円23,300 円27,000 円44,500 円
19.0 kgまで17,700 円24,400 円28,300 円46,600 円
20.0 kgまで18,500 円25,500 円29,600 円48,700 円
21.0 kgまで19,300 円26,600 円30,900 円50,800 円
22.0 kgまで20,100 円27,700 円32,200 円52,900 円
23.0 kgまで20,900 円28,800 円33,500 円55,000 円
24.0 kgまで21,700 円29,900 円34,800 円57,100 円
25.0 kgまで22,500 円31,000 円36,100 円59,200 円
26.0 kgまで23,300 円32,100 円37,400 円61,300 円
27.0 kgまで24,100 円33,200 円38,700 円63,400 円
28.0 kgまで24,900 円34,300 円40,000 円65,500 円
29.0 kgまで25,700 円35,400 円41,300 円67,600 円
30.0 kgまで26,500 円36,500 円42,600 円69,700 円

 

郵便局のお姉さん

いくらぐらいだろう?という比較が簡単に行えるよう一覧化しました。

海外発送する機会が多い方は、このページをホーム画面に追加すると、いつでもサッとご確認いただけます (◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。

こちらもどうぞ

これから梱包する機会が増えるなら最低限用意したい3つの道具

自宅で梱包する時に最低でもこれだけは用意しておきたい道具3つを紹介します。これから梱包する機会が増える方にぜひオススメしたいアイテムです。 最低限と言いましたが、ハサミ、カッター、テープと言った必ず必 ...

続きを見る

関連記事とスポンサーリンク

投稿日:2017年12月8日 更新日:

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2019 All Rights Reserved.