キラー・インサイド・ミー 感想

投稿日:

killerinsideme

プライムビデオで「キラー・インサイド・ミー」を見ました。ネタバレなしでレビューします。まったく面白くないですが、一部の人にだけオススメしますのでその辺についてを書きます。

オススメ度:

レビュー

実はドSでヤバい保安官が美しいドM娼婦と出会ったところから、ヤバさがどんどん浮き彫りになってく!!という話。
キーワードは「ごめんね、ごめんね」

プライムビデオではサスペンスやミステリーにカテゴライズされていますし、そもそも原作が「このミステリーがすごい!」1位を獲得しているわけですから、枠としてミステリーなんでしょう。

しかしミステリー要素なんて1ミリも認めたくないぐらい内容はサッパリで、頭わるく言えば「ヤバい」です。

つまり面白くなかったわけですが、見どころはあります!それはジェシカアルバのお尻です。とにかく尻をペシペシするシーンが多いので、そういうのが好きな人にだけオススメしたいと思います。

キラー・インサイド・ミー (字幕版)

キラー・インサイド・ミー (字幕版)
再生時間:
1時間48分
公開:
2011
おすすめ度:

2001年「このミステリーがすごい!」1位獲得! ケイシー・アフレック×ケイト・ハドソン×ジェシカ・アルバ競演 巨匠マイケル・ウィンターボトム監督による衝撃作!! 田舎町の保安官助手ルー・フォードは、物腰が柔らかくて愛想がいいと評判の青年だ。長年連れ添っている町一番の美人教師エイミーとの恋愛も順調である。しかしある日、取締りの一環で出会った娼婦ジョイスとの激しいセックスが引き金となり、20年眠っていた悪夢のような衝動が、目をさました。過去の復讐も絡まり、ルーが次々と引き起こす怪事件。思いもよらぬ切り札を用意した捜査チームに追い詰められるルーの歪曲した自己破壊が今、始まる―

ジャケットにいる三人の顔と、その上に書いてある名前が全員合ってないところからして雑で味があります。いい映画でした。

+ ネタバレメモ

保安官に「絶対ターミネーター出てたよね?」って言いたくなります。

-amazon ビデオ

関連記事とスポンサーリンク

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.