まだヤフオク使ってるの? 仕入れで使うサイトはメルカリの方が良い!

投稿日:2016年9月9日
更新日:

shop

商品仕入れはメルカリが断然おススメです!「仕入れサイトはヤフオクだけ」という方は、ぜひ安く買う事ができるメルカリを使ってみてください。

この記事では

  • なぜebayの商品仕入れはメルカリがおススメなのか
  • メルカリで購入する際の3点のポイント

を紹介します。

ヤフオクなどと比べて、パソコンからでも簡単に購入できるので、とりあえずメルカリで買い物してみるのがオススメです。

なぜヤフオク仕入れではなく、メルカリ仕入れなのか

Why

僕がなぜebayセラーはメルカリ仕入れをお勧めするかは2点の理由があります。(ebayセラー向け)

メルカリがおすすめな理由1.買い手有利な所

メルカリがヤフオクより優れている点は圧倒的に買い手が有利な所

今の販売プラットホームは買い手有利が当たり前です。ebayセラーさんなら、これがどれほど有利なのかはお分かりいただけると思います。

メルカリがおススメな理由2.ヤフオクはすでに越境EC化している

ヤフオクはすでに海外の人が直接購入できる場です。

有名どころで Buyee FROM JAPAN、ひいては各個人までもが中間業で手数料を得ています。僕のお客さんの多くも、当然ヤフオクを知っている人ばかりでした。彼らがコレクターだからです。日本の商品が好きなのに日本から買うルートを持ってないわけがないです。

ヤフオク仕入れとはつまり、コレクターでヤフオクルートを持っていない一握りの情報弱者だけを相手にすることになります。多くの知識量が豊富なコレクターを逃しているという考えです。

その点メルカリは、お客さんが知っていても購入のハードルが高いです。それは個人間で日本語での価格交渉ができ、人気商品であれば即座に売り切れるから。メルカリ仕入れだと、商品も安く買えるし、お客さんのニーズにも一致するし、顧客に喜ばれることはリピートにもつながりますよ。

もしまだメルカリを仕入れとして使った事がない方は、是非メルカリを始めましょう!使わない理由がなくないですか?

メルカリで購入する際の3つの注意点

おそらくメルカリの操作でつまづく人はまずいないでしょう。驚くほど簡単に売買ができるからです。その分3つだけ注意していただきたい。

メルカリの注意点1.受け取り評価は、取引が完結してから行う事

メルカリでは商品が届いたら「受け取り評価」を行い取引を完結させる必要があります。評価をもらって初めて販売者は売上げを手にすることができるからです。

受け取り評価を入れる事は取引が完結したとイコールです。なので商品に問題があった場合などは、絶対に受け取り評価を入れないようにしてください。自分を守るためにも。

メルカリは基本的には「買い手」が優遇されますが、受け取り評価を行った後はその限りではありません。

メルカリの注意点2.専用商品

メルカリでは「○○様専用」という商品を見かけます。これはユーザー間で交渉された商品に「○○様専用」というタイトルをつけることで、他の人に買わないでというアピールをしています。専用商品はメルカリのルールではありません

専用商品のイメージsenyou

もし関係ない人が買う場合「横取り」となりますが、メルカリ的には最初に購入した人と取引を進めるというスタンスで対処されます。専用商品は「モラル」で成り立っている暗黙のルールです。

将来的には専用化する機能が備わると良いなと思ってますが、どうでしょう。

 

メルカリの注意点3.「返品できない」は通用しない

説明に「ノーリターン」と書かれていても、受け取った時に説明と異なる商品であれば返品可能です。双方の話し合いによって詳細を決める事になりますが、話が進まない場合はさっさと事務局に問い合わせましょう。

悪意を持っている出品者とは話が進みません。

返送後は、相手からの到着連絡を受け取って事務局へ報告すれば返金処理されます。

説明と異なる商品に対する返品は極めて当たり前の話ですが、ヤフオクなどは未だ販売者が意味不明に強い所がありますね。その辺もヤフオクが仕入れ先として選択肢から外れる理由になります。

noreturn

ちなみに、もし売り手が返送料も負担するとなった場合は、送料分の料金を出品しそれを相手に買ってもらうなどで対処可能です。そのとき300円以下では出品できないのでご注意ください。

販売には10%の手数料がかかりますので、細かく行くなら送料額に対して「÷0.9」を行うと10%上乗せした価格になります。

一つ言えるとすれば、そこまで言ってくる「買い手」とは一生かかわりたくないレベルのウザさです。

 

以上3つの注意点でした。他にも思いついたら追記します。

-ebay輸出, how to ebay

関連記事とスポンサーリンク

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.