ebay輸出のことや、Amazonプライムビデオのおすすめ作品などをヨッタさんへ教えるブログ

前略、ヨッタさんへ

【論語と算盤のススメ】道徳の大切さを説く方法を渋沢栄一に教えてもらう

このページは に更新されました。

最近、自分の価値観と世間で賛同される意見にギャップを感じることが多いです。道徳が分からなくなりました。

さて、何かにつまづいたとき、
こういう時は過去の人からまず学びます。だいたい自分が詰まったことは過去に誰かがすでに解決しているからです。

そこで一つ、「道徳と経済の一致を伝えた人」である渋沢栄一を挙げて考えてみる。

  • 渋沢栄一視点の重さ
  • 自分がどうするか

以上の2点で進んでまいります。

yotta
月並みですが、「己の欲せざるところ、人に施すことなかれ」は小さいころから好きな孔子の言葉です。誤解も生みやすい考えですが、僕の道徳観はこれです。

渋沢栄一の視点「論語と算盤」

日本「資本主義」の父、渋沢栄一

論語ベースの志を生涯にわたり貫き、もともと日本人が持っていた道徳心と、ヨーロッパの資本主義を一致させることで、日本に大きな財産を残しました。

「利他で生きる」を考えたら、たどり着く方です。

著書「論語と算盤」は、経営者の方が推すバイブル的な本として有名

個人事業など行っている方で未読の方はぜひ一度読んでみてください。刺さります。

論語(ろんご)は現代人には重すぎるのではないか?

テクノロジーは発展し、道徳をないがしろにしても、かりそめに声が大きくなることが出来る世の中です。さらには資本主義が相まって格差は開き、その沼から我れ先に出ようと蟻地獄は増え続けます。

  • やったもん勝ち
  • 言ったもん勝ち

憎まれっ子世に憚る(はばかる)は、テクノロジーの力で、"サイボーグ憎まれっ子"は世に憚る状態。

手元の「論語と算盤」では、「志の善悪より、所作の善悪の方が目につきやすいから、こういう矛盾が起きる、興味深い問題」と指摘されていました。

防ぐ方法として、「寄付」「寄付のやり方」を書かれています。さらには、人格の修養ができた渋沢栄一の視点だと視・観・察で「人を見た」上でのアプローチが必須です。

言い換えれば、資本側の人に徳がある前提です。

まぶしくて重い「論語と算盤」

渋沢栄一は、みんなを強くするためにも信念を伝え残したのだと思いますが、人間はそんなに強くないです。弱り切っている現代人に論語は重いのではないでしょうか。

そもそも現代に伝わっているかが疑問です。たいして徳のない僕レベルですら、最近の人達との道徳観の違いに困惑することが多い。

渋沢栄一の話は、育ちが良い人の理想をまぶしいほどに感じます。届かない根っこの人達には特に伝わらないでしょう。魚を必要としている途上国の人に魚をあげるではなく、

  • 「魚の釣り方を教える」よう資本者に指示する(論語ベースで自他ともに徳を求めながら)

重すぎるでしょう。

関連

簡単なことをより簡単に言語化する人は悪い人だ【中層を底上げする悪魔】(予定)

余裕がない人々は多く、情報伝達スピードは早く、法整備も間に合わない時代に、論語ベースで生きる事のしんどさを人に向けるのはあまりにもトゲがある。

救いがない人たちの行く末

怖いのは、救いがない人達の行く末です。

コミュニティはどんどん内にこもっていき、小さなコミュニティ同士でたくさんの争いが起きる。争いは大いに結構ですが、そうやっていくうち争いから逃げるように他者比較をしなくなり、道徳も薄れていきます。道徳は他者ありきです。

コミュニティからあふれた人たちは、コミュニケーションなく無敵の人にだってなるでしょう。マッドマックスな世界になりますよ、きっと。

大ヒットした「嫌われる勇気」に救われる人の多さはご承知の通り。ぼく自身も他者比較しないことは良い事だと考えて目指したところがありますが、道徳が薄れているのはこういう部分からなのかなぁと改めて違和感があります。

徳治主義(とくちしゅぎ)だめじゃん

論語ベースだと徳治主義のように法よりも、よくわからないあいまいなソレが上回ってしまい、声が大きい人の影響力が強い今の世の中だとよくありません。ネットで人も操れるわけですから、ますますよくない。

でも、論語がダメなわけではない。

道徳というと、協調性の強要とか、いじめ問題がどうのとか、愛国とか言い出す人もいると聞く。そうじゃなくて。

カネにしろ、テクノロジーにしろ、論語にしろ、使う人次第で悪にも善にも変わる。今は悪の影響力が強いのが問題だと言う話。

使う人次第なテクノロジーだからこそ、道徳は大切

結論としては、やはり論語というか道徳が大切です。人間が追い付いてない負の循環に僕は見えるから。

論語は、性善説(せいぜんせつ)です。性善説ということは、大きなメリットがあります。上手くいけばコストがかからないのです。

性善説ベースはコスト減になるメリットがある

最近は性善説ベースのサービスが増えていますよね。性善説ベースのサービスとは、「イナカの無人野菜売り場」をイメージします。

「相手を信用する方が、信用しない場合に起こるコストより安い」ならGOできる。頼んだ事ちゃんとやってるかな?とチェックするにもコストがかかるわけで、ちゃんとやってるとしてしまえば、コストはいらないわけです。システムは性悪説(せいあくせつ)ベースで作られる事が多いので、性善説ベースに変わるだけでコスト減できるのです。

いま増えているのは、統計的に判断できるテクノロジーが進んだおかげでしょう。過去の日本人資産を食っているだけなので、これに人間の徳がもっと増えれば社会のコストは一気に減る。だからサービスよりも、徳がもっと増えてほしい。ここでやるべきは、性善説ベースのサービスを考えることではなく、どうやって性善説の人が増えるかです。

道徳があれば性善説ベースでいける

孔子は、「法で支配しようとすると、法の抜け穴を探すような卑しい真似をするようになってしまう。徳があれば、そうはならない」と説いています。

  • 抜け穴を探して、生活保護を食い物にする・悪用する人らが出てくる
  • コンテンツをパクるしかできない人らが出てくる

道徳がないから起きる。

そんなわけで大切なのは、人の踏み行うべき正しい道を方法と一緒に伝える人の存在だと思ったわけです。いま生きている人は推せません。

だから今こそ渋沢栄一かなと!

関連

高コンテクスト言語での短文コミュニケーションのメリット・デメリット(予定)

方法を渋沢栄一に教えてもらう:自分ができること

最後です。

「論語と算盤」を勧めるのは一つの手段として良い事であると考えこのような投稿を残しています。

言いたいのは、僕から見て「悪いやつが多い!」そして、悪い奴が「目につく」のがよくない。多様性という言葉で一括りにするのはヤバイでしょう。

大変な考え方だけど、コストが下がる事にもつながるメリットあるよってことです。

ただし、誰にでもオススメしたって上に書いた通り「重い」のです。だから、少なくとも資本の側に行く人は読んでほしいし、最近、自分の価値観で世間とのギャップを感じる人にも読んでほしい。きっとあなたには論語と算盤は刺さります。

「論語と算盤」とは、「道徳と、資本主義は一致するよ」です。

僕の手元には今こっちがあります。

ちなみにマッドマックスな世界を回避する方法として

  • コミュニケーションロボット
  • eスポーツ文化の行く末
  • グラミン銀行

今はこの3つに興味深く注視しているところ。

-ebay コラム

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.