ebay輸出のことや、Amazonプライムビデオのおすすめ作品などをヨッタさんへ教えるブログ

前略、ヨッタさんへ

TOC+から切り替え!もくじプラグイン SUGOI MOKUJI (すごい目次)のメリット・デメリット

このページは に更新されました。

すごい目次のアイキャッチ画像

ワードプレスの目次プラグイン「SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)」が凄かったのでメリット・デメリットをレビューします。

「ただの目次」を「意味がある目次」に昇華させるようなプラグインで、すごいです。

多くの方は目次プラグインで「TOC+(Table of Contents Plus)」を使用されているかと思いますので、「SUGOI MOKUJI」との比較や切り替えで注意する点なども一緒に!

この目次が作れるプラグイン!

SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)と TOC+ (Table of Contents Plus)との比較

toc+とsugoimokuji比較画像

既存プラグイン(TOC+)との比較から

共通して出来ること

  • 表示位置操作
  • 自動挿入(post, page)
  • 目次タイトルの変更
  • 見出しの開閉オンオフ
  • 階層表示のオンオフ
  • スムーズ・スクロールのオンオフ
  • CSS スタイルの読み込み オンオフ
  • 抽出する見出しの自由選択
  • 除外する見出し指定(※1)

※1:それぞれの違い

  • SUGOI MOKUJI:任意の除外class作成可能
  • TOC+:ワード指定(ワイルドカード使用可)

ご覧の通りで、

TOC+のメイン機能は「すごい目次」で代用可能です。

それぞれで出来ることの違い

次の表はそれぞれの機能の違いです。

 SUGOI MOKUJITOC +
デザインの細かな選択(※2)
ショートコード表示 (※3)
サイトマップ自動作成×
JS 読み込み位置調節×
見出し抽出エリアの指定×
hタグ以外の自由な見出し作成×
自由な除外見出し作成×
見出しのクリック計測×
それぞれの記事で設定の上書き×

サイトマップ機能がなくなり、
その他6つ+αで機能追加されている方が「すごい目次」

※2:デザイン選択について

SUGOI MOKUJI の「デザイン変更(番号オンオフなど)」する場合は、カスタマイザー にて調節可能(オリジナルのデザインもある)

外観 > カスタマイズ > オプションカラー > 目次プラグイン(TOC+)のカラー

※3:ショートコード表示

SUGOI MOKUJI:サイドバーなど除く記事内のみ(表示だけならカテゴリーページOK)

 TOC+:任意場所に表示可能

SUGOI MOKUJIのCSSデザインについて

TOC+のCSSをSUGOI MOKUJIへ流用できます。

その際は、TOC+のクラスやIDの接頭辞に「st_」を付けたせばOKです(+サイトに沿った微調節)

#toc_container

#st_toc_container

SUGOI MOKUJI(すごいもくじ)とは

「目次プラグインTOC+」のいいとこ取りで、
さらには複数の機能が追加されたTOC+とは別のプラグイン

人気のワードプレス テーマ「WING(AFFINGER5)」の購入特典として最初は公開されました(有料)

公式:SUGOI MOKUJI (すごいもくじ)

SUGOI MOKUJI の3つのメリット(良い所)

1)リライトがめっちゃ楽しくなる!

yotta
リライト、リライト言いますけど、じゃあドコいじったらいいのよ!?ってなりません?

すごい目次には、クリックされた見出しを内部でカウントする機能が備わっています。

クリック数のカウント画像

カウント数は、記事の編集ページにて確認できる

「ユーザーが何を求めて記事を開いたのか」がより明確になりますね!この点が最高にして、これの為にTOC+から切り替えたいレベルのメリット。

数字がそのまま「リライトする際の指標」になります。

情報不足があれば補えますし、さらに内部リンクで誘導ルートだって作れますね。

人気の項目があれば上に移動させたりと、SUGOI MOKUJIを導入してから記事のリライト修正するのが楽しくなりました。

2)見出しを自由に操作できる

2-1)表示したくない見出しを、目次から除外できます

ー例えば、

SEO的な理由から この記事では「すごい目次とは?」を書いています。が、興味ある人は少なそうなので目次には表示させていません

見出しを除外した画像

逆のパターンも可能です。

2-2)h見出しでなくとも目次へ追加できる。

「hタグではないが、差し込みたい文章(pタグ)がある」場合、見出し風に目次へ文言を差し込めます。

設定でclassを指定すると、次の画像のようにもくじ内へ希望の言葉を追加可能です。

任意見出しの追加画像

3)記事によって目次内容を変更できる

使ってみて便利さを実感できるのが、それぞれの記事で目次出力の内容を上書き変更できる機能です。

上書きできるのは

  • 目次タイトル
  • 目次として出力する見出しレベル
  • この記事に関してはもくじの表示位置を〇〇からスタートさせたい!
  • この記事は目次タイトルを「○○」にした方が良い!

など、記事それぞれの編集画面からボタンポチポチで変更が可能です。

参考までに、この記事でもタイトルを変更してます。

SUGOI MOKUJI のデメリット(悪い所)

サイドバーで目次を使用できない

サイドバーで目次表示ができません。

もしサイドバーで目次が必要な場合はTOC+と併用して表示可能ですが、付与されるidの数字が被ると挙動がおかしくなります。

サイドバーでTOC+を表示させる方法

1.サイドバーウィジェットに「TOC+ウィジェット」をいれる

2.サイドバーだけの表示チェック

3.記事内にのショートコードを入れる

TOC+からの切り替えが大変なパターンがある

普通に切り替えるだけならシンプルで簡単です。
2パターンあります。

1)自動表示してる

自動表示している場合

TOC+を停止して、すごい目次を使うだけでOK!

つづいて2つめ

2)手動で表示してる

手動のショートコードで目次を表示させている場合

元のショートコードを[st_toc]に置換して、切り替えたらOK!

置換は、プラグインのSearch Regexなどを使えば一発変換可能

多くの人にとっては切り替えは簡単です。

切り替えが面倒なパターン

TOC+は見出しにIDが付与されます。

IDを記事内ジャンプのアンカーリンクとして使っている場合、指定したIDを書き換える必要がでてきます。

そんな事してない人は気にせずGO!
yotta

SEO面で効果のほどが分からない

TOC+で目次を生成していると、Googleの検索結果でページ内への見出しがリンクされることがあります。

記事内の特定の見出しへ直接ジャンプできるやつです。

seoの検索結果画像

SUGOI MOKUJIへ切り替えると、検索結果で表示されているリンクが機能しなくなります。具体的には、記事ページに入る事はできるが、見出しへは飛びません。

TOC+で付与される「#id」が、SUGOI MOKUJIに切り替えることで「#st-toc-番号」に切り替わるからです。【URLのアンカータグが変わる】

この点がどのくらいあなたのサイトへ影響するかは、実際に流入する数を調べてみましょう!

関連記事

アナリティクスでは#付きURLの流入が確認できなかったため、方法を調べました

yotta
ちなみに、僕のサイトではページ内リンクはたいして効果なかったです(調査結果)

ページ内リンクを残したい場合

切り替えた場合、google検索結果での見出しへのジャンプリンクはいずれ消えると思います。

それが一時的で、再クロールによって復活するかは定かではありません。僕のサイトはフォローしなかった記事はすべて消えました。

消したくない場合のフォロー方法が3つ

当サイトは併用することで、そのままジャンプリンクが生きています

SUGOI MOKUJI のメリット・デメリットまとめ

TOC+で出来ることは、すごい目次でほぼ代用可能です。

よって

  • サイドバーで目次を必要としていない
  • TOCのタグを気にしたことがない

こういう方は、TOC+よりも「SUGOI MOKUJI(すごい目次)」へ切り替えた方が良いです! 何よりTOC+は2年前に更新が終わってますから。

-WING(AFFINGER), WordPress

Copyright© 前略、ヨッタさんへ , 2018 All Rights Reserved.